あぁ借金・・・

借金返済で完済をスムーズに行うなら、返済ペースを崩さないことが大事です。今までに私は何度か借金を経験しましたが、返済ペースが崩れるとなかなか完済できずに長引いてしまいます。月にいくら返すという明確な数字を出し、その数字に沿って返済していけばいずれは完済できます。ですが、それをあいまいにしたままの状態では、完済するまでかなり時間を要してしまいます。

 

特に友人等からの借金は「友人だから多少甘くみてもらえるのではないか」と、返済に対して都合の良いことを考えてしまいがちです。もちろん多少なら返済の遅れは許されるのかもしれませんが、それでも相手の思い通りに返済をしなければやはり気まずくなります。それは返済のペースを守れていないからこそで、そこがしっかりしていなければそもそも最初から借金をするべきではないです。

 

返済のペースを守るためには日常生活の中で節約をしていかなければならず、そのためには欲しい物があったとしても買うのを我慢しなければなりません。それは借金において完済するという最低限守らなければいけないルールのためで、そこをうやむやにしてしまうようではいけないです。借金をするとお金のやり繰りに頭がいっぱいになりますから、苦しいのは間違いありません。ですが、苦しくても返済のペースを守っていれば完済という目標地点がしっかりと見えてきますので、そこに向かって頑張って返済し続けることが借金を完済するためにしなければいけないことです。

続きを読む≫ 2016/08/15 18:47:15

借金は下手をすれば周囲に迷惑をかける行為になりますので、できるだけそういった迷惑をかけないようにするべきだと思います。
これは私の友人の話ですが、友人の兄弟がとある消費者金融からお金を借りて返済が滞ってしまったということがあるそうです。
幸いにして友人は保証人にはなっていなかったそうなのですが、保証人になった方にはかなりの数の電話や督促状が来たそうです。
もちろん保証人は友人の兄弟に早く返済をするよう迫ったそうなのですが、のらりくらりでそのまま時間だけが過ぎ、やがては姿をくらましてしまったそうです。
さすがにこうなってはどうにもならないと、その保証人の方は友人の所へ来て兄弟の居場所を聞いてきたそうです。
実は友人、今日だが借金をしていたことをその時初めて知ったそうで、その様子を見た保証人の方は呆れて帰ってしまったそうですね。
ちなみに借金の額自体は数十万円ということで、保障人の方が一旦は返済し、その後に兄弟たちの方へ何とかしてくれと来たそうです。
友人は「兄弟が自分たちに黙ってした借金なので、保証人の方には申し訳ないから他の二人の兄弟とで折半した」と言っていました。
結局、借金は誰かが泣きを見るシステムです。どうせ泣くのなら、借金をした本人だけにしてほしいですよね。話を聞いて、私はそう思いました。

続きを読む≫ 2016/07/14 14:22:14

借金を簡単に考えている人は、「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉をよく覚えておいてください。借金は人間関係を壊してしまいますので、簡単にいつでもお金が借りられると思わないことです。
知人にもそういう人がいました。お金を借りる時だけ泣きそうな顔をして、いざ返す時になると逆に怒り出し、借金を何とかして踏み倒そうとしたりする態度を取った人がいます。これは決して特別な話ではなく、借金グセがある人全体に言えることなのです。
借金をする人は「その場だけ」良ければそれでいいと考えがちです。当然ながらその場でお金が足りていないのですから、お金が入ればストレスの元が消え、楽になります。そして急場を凌げたら「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ことわざの通り、お金を借りた感謝の気持ちは薄れていきます。お金を返す段階になると、「なぜ自分のお金を減らさなければならないのか」という気持ちになり、お金が惜しくなるのです。
この思考に陥ると、貸す側は損をします。ですから「お金を貸す時はあげたものと思って貸さないといけない」と言われるのはこのためです。きちんとした金融会社を通して借金をしているのではなく、家族や友人間でのお金の貸し借りはとかくこういった問題に発展しやすいので、できるだけ親しい間柄の借金はしないようにしましょう。

続きを読む≫ 2016/06/15 19:00:15

借金は決めた期日までに必ず返済する義務を負う事になるので、収入の先行きが見えない無職の人は基本的に融資を受ける事はできません。
ただ借金返済途中に失業してしまったり、止むを得ない病気やケガで月々の支払いが間に合わなくなってきた時は、速やかに債務整理を弁護士や司法書士に相談するのが正しい解決方法になります。
先ず債務整理に着手する事で、どんなに多い借金額も法に則って減らしたり、月々の返済条件を優しく緩める事ができるので、誰にも相談しないよりは断然良い心身状況を引き出す事は間違いありません。
もし、このまま働けない状況が続くと分かっている場合でも、破産申請をする事で今抱えている全ての借金をゼロにして一からリセットする事も可能なので、不動産などの大きな資産を特に所有してなければ、そこまで大きなダメージを被る事なく解決を図る事ができます。
ただ破産申請の手続きは、法律の知識に乏しい素人が1人でやるとなると大変な労力が掛かるので、借金問題のプロフェッショナルである弁護士に傍でサポートして貰いながら解決に向かうというのが一般的な方法になります。
今はプライバシーに十分配慮して極秘で無料相談できる法律事務所が年々増えてますから、破産申請を検討する時は必ず一度は弁護士に意見を求めて他に最善な解決方法がないか聞いておく事も大切です。

続きを読む≫ 2016/04/29 12:09:29

私は現在大阪に住んでおります。
これは私の兄の話となりますが、兄は去年の頭から年末にかけて、洋服屋を経営しておりました。
兄はファッションに関する専門学校を卒業しており、そして一昨年まではファッション店で正社員をして働いておりました。
そして貯蓄額が300万円を超えており、会社を退職して私の店を持つようになりました。
梅田の無銘のビルの1フロアを借りて店をオープンさせました。
店の面積は30ほどの小さいお店あり、こちらの不動産の契約や土地のレンタルや経営費などを合わせると500万円ほどかかってしまい、残り200万円は東京三菱UFJ銀行から借りたものです。
利益を減らしたくないために、バイトなどは雇わずに一人で運営をしておりました。
最初は私や親せきや兄の友人などがよく足を運んでいて、繁盛をしているように見えましたが、半年が経過をしたころに客足が滞ってしまい、維持費なども支払うことができなくなり、12月に閉店をしました。
兄に残ったのは200万円の借金だけとなってしまい、現在ではバイトなどを行って借金を返済しております。
しかし、銀行にお金を借りたとはいえ、200万円の利息は高額なものであり、首がまわらない状態で現在では困っているようです。
借金はギャンブル以外に行ってはいけないと思っておりましたが、兄の状態をみて、どんなことがあってもローン以外の借金は組んではいけないと思いました。

続きを読む≫ 2016/03/16 17:32:16

現在多くの人が借金をしていますが、借金に至った経緯は人それぞれです。
自ら望んで借金をしている人は良いのですが、借金をせざるを得ない状況によって借金をしている人達を減らしていくべきだと考えています。
必要のない借金をせざるを得ない状況にした原因の一つに、ギャンブルが挙げられます。
ギャンブルというのは一度ハマってしまうと、中々抜け出させない物です。
儲けている人は良いのですが、ほとんどの人はギャンブルをする事によって大きくお金を失っています。
お金を失って終わりになればいいのですが、ギャンブルは依存性が高いのでそれでもやめられない事が多いです。
そうなると借金をしてまで、ギャンブルを続ける事になります。
こうしてギャンブルを通じて、必要のない借金を背負い込む事になるのです。
この様な必要のない借金をすると、本人だけでなく周囲の人までも悪影響を受ける事になります。
周りの人が借金の返済をさせられたり、借金の保証人にされたりします。
とにかくギャンブルが原因によって借金を作ると、本人だけでなく周りの人も迷惑を被りますから、ギャンブルで借金をしないように、ギャンブルを規制した方が良いと思えるのです。
今はパチンコ屋などが何処にでもあり、簡単にギャンブルが出来るようになっています。
これを特定の場所でしかギャンブルが出来ないようにすれば、ギャンブルによって借金をする人が大幅に減らせると思います。

続きを読む≫ 2015/12/24 20:24:24

当然ですが、借金の怖さは返済にあります。
住宅ローンや、教育ローンのような、目的別ローンとして利息が低めに設定されているものならばまだしも、クレジットカードによるキャッシングは利息が高く、思わぬ金額を返済することになってしまっていたりします。
私もクレジットカードによるキャッシングを利用したことがありますが、今はコンビニATMなどで、気軽にキャッシングできてしまい、あっという間に限度額に達してしまいます。
手軽に利用できるのも怖い点だと思います。
今は自分の返済の限界を知っているため、それに合わせた返済タイプを選べるようになっていますが、そうでなかった頃は、返済するためにキャッシングするという悪循環にはまってしまったこともあります。
そうなるともう、雪だるま式にキャッシング額が増えていってしまいます。
今、そうなっている方は自分の返済能力を把握し、返済可能な額に収まるよう調整が必要です。
大抵のクレジットカードでは、インターネットで自分のカード情報にアクセスできるようになっていますので、そこで、月々の返済額を再設定してください。
また、私の経験から、キャッシング額については、なんとなく把握できているけど、ショッピングにいくら使ったのかわからないことがよくありました。
単にズボラなんだと言われてしまえばその通りですが。
しかし、ショッピングが自動的に分割払いになっているタイプのクレジットカードでは、ショッピングも、いつのまにか高額になっており、注意が必要です。
私は出来る限り一括で支払い、分割は極力使わないようにしています。分割はどうしても必要な場合のみです。
クレジットカードは大変便利ですが、使い方に注意しないと、あっという間に返済できないほどの借金を抱え込んでしまいます。
手軽に利用できるがゆえに、借金しているという感覚は薄いのですが、常に返済のことを考えて利用するようにしましょう。

続きを読む≫ 2015/05/08 14:22:08

ある日どうしても好きな海外アーティストが来日ライブをするので、何としてでも前売開始日にチケットを手に入れたかった私は、とても安価とは言えないお金の調達に悩んでいたのです。
実は総額100万円近い借金を消費者金融3件にまたがってしていたので、他の業者では新たに融資して貰えない状況でした。
そんな時に審査なしでも借金できる方法を友人に教えて貰い、直ぐにクレジットカードを手元に用意しました、
クレジットのショッピング枠を使って現金化にするというサービスで、早速大手でも名高い現金化サービス業者の大黒屋で指定の品物を購入して、お金を手配して貰いました。
実際に手持ちのクレジットカードで品物代金を決済したので、借金したという実感がイマイチ湧かなかったのですが、すぐに即金が銀行口座に振り込まれたので、とても助かりました。
このクレジット現金化のお蔭で、無事にチケット代金を耳揃えて用意でき、ライブを心の底から楽しめたというのは言うまでもありません。
クレジット現金化でカード会社に対して借金した分は、普通に翌月返済すればいいのですが、その返済方法は後から分割支払いやリボ払いにも変更できるので、消費者金融でお金を借りるよりも精神負担が正直楽に感じました。
今後もどうしても急用で纏まったお金が要る時は、クレジットの現金化に迷わず頼ることでしょう。

続きを読む≫ 2015/04/23 18:53:23

借金には普通利息と言うのが掛ります。当然利率なんかにもよりますが、10万円借りた時の一カ月の
利息は1000円とかそんなものでしょう。コレだけ見るとそんな少しで借りれるんだなぁなんて感じる
人も多いかと思いますが、借金は時間が経ってからが本番です。

 

100万円借りて10万円づつ返したとすれば一年掛らないで返済出来るような気がします。ですがこれは
利息が掛らなかった場合の話で、もし仮に5%程度の利息だったとしても、1〜2か月長く返済しないと
なりません。もし途中で借金払えないで滞納があったりすると更に長くなっていきますね。

 

10万円程度ならそう返せない人も居ないのでしょうが、100万円になるとその確率はグッと増えます。
最初は低い金額でも、更に借り入れをすればドンドン元本の減りは少なくなって更に時間が掛るように
なり、時間が掛れば利息も膨らんで行きます。

 

仮にですが、10%ぐらいの利率で数百万円を借りてしまえば場合によっては一生かかっても返済できない
ケースも出てくるんですよね。雪だるま式に増える、とよく借金では言いますが、時間が経過すればするほど
最初ではあり得ない金額が降りかかってくる事になります。

 

借金した場合は、返済すると何となく元本が減っている気になりますがそれは幻想です。だから計画が
大事だと言われるのです。

続きを読む≫ 2015/04/03 16:54:03

借金をして、なかなか返済ができない場合には、取立てがくるというイメージを持っている人が多いかと思います。
確かにドラマや映画のシーンで、玄関をドンドン叩いて、大きな声で「いるんでしょー?」みたいなことを叫ばれるというのは、お馴染みのシーンで、多くの人の脳裏に焼きついていますよね。
だから、それが怖いという人もいると思うし、実際に自分の返済が滞ると、ああいったことをされるのではないか?という恐怖もあって、もし返済に困って、取立てがきそうになったら、夜逃げでもしようか?と考えている人もいるかもしれません。
ただ、現実的にはああいった取立ての行為自体が禁止されている、違法なやり方ですから、あそこまで実際にやってくる会社はまずないと思います。
ヤミ金で借りてしまわない限りは、普通はあそこでまで過激な取立てというのはありえないです。
ああいったことをしてしまあうと、会社としても営業停止になってしまうなど、大きなリスクがあるので、取立てはあくまでも法律に則って穏便なやり方で行われるはずです。
だから、取立てが心配で心配で。という方もそこまで深刻に考える必要はないですけど、借りたお金はきっちり返していきましょう。

続きを読む≫ 2015/03/31 18:39:31